Description

more
静岡県の伊豆の道風景の中から特に優れた風景がパッケージされた「伊豆の道風景30選」情報。更新日:2013年9月5日

Dataset Attributes

  • OBJECTID
    Number
  • 番号
    Number
    1 to 30
  • 名称
    Text
    {"value"=>"駿河平のイチョウ並木(長泉町)", "count"=>1} (), {"value"=>"開国の街・下田の歴史散策", "count"=>1} (), {"value"=>"西浦の入江と富士沼津市", "count"=>1} (), {"value"=>"西伊豆のスカイライン伊豆市・西伊豆町", "count"=>1} (), {"value"=>"紅葉の出合い橋と湯道", "count"=>1} (), {"value"=>"石廊崎周辺の海岸道路南伊豆町", "count"=>1} (), {"value"=>"狩野川と桜並木(伊豆の国市)", "count"=>1} (), {"value"=>"源兵衛川散策路(三島市)", "count"=>1} (), {"value"=>"湯の街の散策路と東海館", "count"=>1} (), {"value"=>"河津七滝ループ橋", "count"=>1} ()
  • 場所
    Text
    {"value"=>"長泉町道下長窪駿河平線(クレマチスの丘付近)", "count"=>1} (), {"value"=>"県道下田石廊松崎線(石廊崎周辺)", "count"=>1} (), {"value"=>"源兵衛川散策路", "count"=>1} (), {"value"=>"松崎町道松崎銀座線及び宮前橋新川橋線 ほか 松崎市街地", "count"=>1} (), {"value"=>"東海館周辺松川通りほか", "count"=>1} (), {"value"=>"旧下田街道(河津七滝上流部)", "count"=>1} (), {"value"=>"大室山山頂遊歩道", "count"=>1} (), {"value"=>"城ヶ崎公園散策路", "count"=>1} (), {"value"=>"国道414号(湯ヶ島-新天城トンネル付近)", "count"=>1} (), {"value"=>"国道414号(天城山隋道)", "count"=>1} ()
  • コメント
    Text
    {"value"=>"頂上がすり鉢状に窪む大室山山頂の火口をめぐる遊歩道。山頂からは、遠く富士山を眺めることもできる。桜をはじめとする四季折々の山野草や、2月に行われる山焼きの風景が山麓まで広がり、雄大な風景である。", "count"=>1} (), {"value"=>"鍔沢橋付近から南をみると遠く雲見、烏帽子山を見通すことができる。道路が一直線に海に向かって下り、晴れた日には、海の青と空の青がとても美しい。近くにある三四郎島のトンボロ現象(塩の干満によって海に道ができる現象)と共に自然の織りなす不思議な風景を楽しむことができる。", "count"=>1} (), {"value"=>"西浦地区のこの道路からは、奥駿河湾越しに富士山を望むことができる。道沿いには、のんびりした漁村や海水浴のできる小さな入江が連続しており、変化に富んだ味わいのある風景となっている。", "count"=>1} (), {"value"=>"西伊豆の陸海交易の拠点として古くから栄えた松崎には、なまこ壁通りや長八美術館、商家中瀬邸など、なまこ壁の美しい建物や塀、石畳が続き、明治時代の街並みを味わうことのできる。街中は映画のロケ地になったこともあり、散策に適したこの道。", "count"=>1} (), {"value"=>"緑の豊かな天城牧場や達磨山、眼下には西伊豆海岸が広がる絶景が連続する道で、晴れた日には富士山を望むことができる。多くのドライバー・ライダーの心を魅了するルートでもある。", "count"=>1} (), {"value"=>"約5000年前に大室山から流れ出た溶岩によって形成された城ヶ崎海岸は、伊豆東海岸の代表的な風景である。周辺の散策路と吊橋からは、波によって浸食されたリアス式海岸の絶景を楽しむことができる。", "count"=>1} (), {"value"=>"箱根峠から三島宿に向かう箱根旧街道には、石畳が残されている(接待茶屋・山中新田・笹原新田・臼転坂)。沿道には一里塚や松並木、数々の石碑が残りそれぞれ管理されている。富士見平からの富士の眺め等の自然景観とともに、旧街道の歴史を感じる風景である。", "count"=>1} (), {"value"=>"源頼朝が恋人政子との忍び逢いの場となったこともあり縁結びの神様として有名な神社。参道をゆっくり登りながら、振り返ると相模灘を一望に収めることができる。また、春の伊豆山神社例大祭では、参道の両側から覆いかぶさるように桜が咲き乱れる中を、道幅いっぱいの神輿が往来する様は勇壮である。なお、当地の「走り湯」は、日本三大古泉のひとつに数えられている。", "count"=>1} (), {"value"=>"浮世絵師・広重の代表作にも描かれた三嶋大社前の道風景。伊豆一の宮として古くから信仰を集めた三嶋大社の門前は、東海道十一番目の宿として、また、下田街道の基点として賑わった。浮世絵のアングルを体感できる風景として趣がある。", "count"=>1} (), {"value"=>"沿道に彫刻と桜並木が続き、遠景に富士山を眺めることのできる。小高い場所をうねりながら走る道路からは、刻々と変化する雄大な景観を楽しむことができる。", "count"=>1} ()
  • X座標
    Number
    23722 to 58377
  • Y座標
    Number
    -153765 to -91564

Related Datasets